沿革

沿革

昭和9年 1934 和歌山市本町9丁目に個人にて従業員5名と共に機械製造を開始。
昭和23年 1948 和歌山市吹屋町に移転、従業員10名となる。
昭和32年 1957 合理化機械の製作に着手。
昭和33年 1958 資本金80万円をもって会社設立。
昭和37年 1962 直圧金型製造に着手。
昭和42年 1967 射出成形金型製造に着手。
昭和43年 1968 資本金320万円に増資。
昭和52年 1977 資本金640万円に増資。 FRP用金型部門増設。 NCフライス加工機投入。
昭和61年 1986 資本金1000万円に増資。
平成元年 1989 那賀郡桃山町(現、紀の川市桃山町)に本社工場新設移転。
平成11年 1999 放電加工棟増設。
平成16年 2004 試作プレス(1000ton)増設、本棟東側へ新工場増設。
平成18年 2006 試作プレス(2500ton)増設、試作プレス棟増設。
平成21年 2009 9月1日、役員人事。新社長(保田吉郎)就任、現社長は会長に就任。
平成25年 2013 試作プレス(500ton)導入

企業情報

  • 設備紹介
  • 環境保護への取り組み
  • 保田鉄工の開発研究
ご案内
お問い合わせ
なんでもお問い合わせください
0736-66-2224
WEBでお問い合わせ
保田鉄工所は
ISO14001を取得しています。
ISO14001:2004
ページの先頭へ戻る