製造

製造


金型の加工には工作機械と呼ばれる産業機械を使用します。
その中でも約7割近くの加工を
マシニングセンターと呼ばれる工作機械で加工します。
YASUDAでは、お客様のご要望にお応えするために、
最新鋭のマシニングセンターや加工工具類、
また積み重ねてきた加工技術を駆使し対応しています。

品質向上と高能率化を目指す

YASUDAでは小型から大型まで30台以上の工作機械を導入しております。粗加工から仕上加工まで高効率なCAMデータでスピーディな加工を実現しています。縦型機、横型機、5軸加工機など用途に合わせて積極的に設備投資を行っております。

深さ3000mm(片側1500mm)までの深穴加工に対応

当社の特徴の1つであるガンドリル加工。
ガンドリル加工とは、深穴加工の方法の1つで、専用の工作機械とガンドリルと呼ばれるドリルを使用します。
YASUDAでは、深さ3000mm(片側1500mm)までの深穴加工に対応した加工が可能です。

放電加工設備も整えより複雑な金型製作に対応

マシニングセンターで加工出来ない複雑形状には放電加工機を使用します。YASUDAでは大型の放電加工機を4台設備し、複雑化する製品形状に対応しております。また、小型のリニアタイプ放電加工機や、ワイヤーカット放電加工機も導入し、多種多様なニーズにお応えしております。

多様化するニーズに対して4台の大型放電加工機で対応

マシニングセンターの切削工具は工具管理室で集中管理しております。ツールプリセッタを使用する事で、あらかじめ測定・設定といった段取り時間を短縮し、24時間ノンストップの加工を実現、機械の稼働率が高まり生産効率の向上を実現しております。

当社の持ち味

  • 設計・NC技術
  • 製造
  • 仕上
  • 設備紹介
  • 環境保護への取り組み
  • 保田鉄工の開発研究
ご案内
お問い合わせ
なんでもお問い合わせください
0736-66-2224
WEBでお問い合わせ
保田鉄工所は
ISO9001,ISO14001の認証を取得しています
ISO14001:2004
ページの先頭へ戻る