開発研究

開発研究について

金型制作のパイオニアであり続けるためにヤスダは歩みを止めません

FRP樹脂成形金型用DLC膜とその大型化技術の開発

平成23年度 戦略的基盤技術高度化支援事業において経済産業省より採択を受け、
「FRP樹脂成形金型用DLC膜とその大型化技術の開発」というテーマで3年間の研究開発を行っている。

産業技術総合研究所、和歌山県工業技術センター等と協力し、産学官連携のプロジェクトとしてスタート。金型表面処理技術にDLC成膜技術(ダイヤモンド・ライク・カーボン)を取り入れ、従来の表面処理技術の代替技術として成功させるべく研究開発を行っている。

CFRP金型の開発事業計画

平成24年度 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の採択を受け、
「CFRP金型の開発事業計画」というテーマで研究開発を行っている。

近年、自動車、航空機などの分野を中心に幅広く採用されている炭素繊維複合材料であるCFRP。YASUDAでも材料メーカー、自動車メーカーと共同でCFRP金型の開発を行っている。
また、名古屋大学を中心としたナショナルコンポジットセンターでの次世代複合材料技術確立支援センター整備事業にも参画しており、YASUDAの得意とする大型金型の技術で研究開発に取り組んでいく。これらの研究開発に対し、ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の採択を受けることとなった。

企業情報

  • 設備紹介
  • 環境保護への取り組み
  • 保田鉄工の開発研究
ご案内
お問い合わせ
なんでもお問い合わせください
0736-66-2224
WEBでお問い合わせ
保田鉄工所は
ISO14001を取得しています。
ISO14001:2004
ページの先頭へ戻る