環境保全への取り組み

環境保全への取り組み

ISO14001とは?

1992年180カ国以上の国家の代表が参加して開催された通称地球サミット(地球環境会議)において地球環境問題が議論され、人類の子孫に豊かで明るい地球環境を伝承する願いを込めて行動計画「アジェンダ21」が採択されました。
この「アジェンダ21」を的確にフォローする目的で1996年9月に制定されたのが、国際標準化機構(ISO)が定めるISO14000s(シリーズ)『環境マネジメントシステム規格』です。
ISO14000sのうちの中核となるISO14001は、環境マネジメントシステム(EMS)をどのように構築すればよいかを定めた仕様書です。

弊社の取り組み

弊社では、それまで行ってきた環境活動を、より一層充実した活動へと展開する目的で、2005年1月よりISO14001の認証取得活動を行いました。
これらの活動の成果が、2005年9月のISO14001認証取得へとつながりました。
これからもより一層の環境活動へと発展させて参ります。

認証取得日 2005年9月6日
認証証明書番号 01398-2005-AE-KOB-RvA/UKAS
認証範囲 金型の設計及び製造
審査機関 インターテック・サーティフィケーション株式会社
認証機関 UKAS United Kingdom Accreditation Service

環境方針

基本理念

株式会社保田鉄工所は、CSR(企業の社会的責任)として環境との調和、人間尊重、誠実な企業活動を認識し、「美しい地球」を残すために環境経営に努力します。

活動方針

株式会社保田鉄工所は、製造する金型において、クリーン金型の基準に基づき省エネやリサイクル性、金型の小型化による省資源化、環境に配慮した設計、又、エネルギーの効率利用、環境リスク物質の排出回避等を考えた生産活動を推進します。

  1. ISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを構築し、実施することにより、環境保全活動を推進します。
  2. 地球の温暖化、オゾン層の破壊、有害科学物質による汚染など、地球環境を取り巻く問題を真摯に受け止め、当社の事業活動から生じる環境汚染の予防に努め、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  3. 当社の事業活動に関わる環境側面のうち、次の事項を重点として改善に努めます。
    ① 紙類の使用量の削減、エネルギー(電力、ガス)を有効に利用し、省エネルギーに全従業員が積極的に取り組みます。
    ② 製造現場から排出される産業廃棄物の発生抑制と、リサイクルの向上及び適正処理を推進します。
    ③ 環境にやさしい物品などを優先的に調達するように努めます。
  4. 上記事項の達成のため、環境目的及び目標と改善プログラムを策定すると共に、これを実施し、定期的にその達成状況を確認してシステムの見直しを図ります。これを通じて、環境保全のための継続的改善に努めます。
  5. 当社は、事業活動に伴い適用されるあらゆる環境関連の法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  6. 当社は、この環境方針を組織のために働くすべての人に周知するとともに、一般の人からの要求に応じ、この環境方針を提供します。
2009年9月1日 株式会社保田鉄工所 代表取締役社長 保田 吉郎

ISO14001認定証

ISO14001認定証

  • 設備紹介
  • 環境保護への取り組み
  • 保田鉄工の開発研究
ご案内
お問い合わせ
なんでもお問い合わせください
0736-66-2224
WEBでお問い合わせ
保田鉄工所は
ISO14001を取得しています。
ISO14001:2004
ページの先頭へ戻る